できる!変わる!輝く!

アクセスカウンタ

zoom RSS 五輪メダリストが語るワークライフバランス その3

<<   作成日時 : 2019/01/11 12:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

五輪メダリストが語るワークライフバランス その2 の続きです。


(5)翌年のワールドカップ敗退から「昇華〜夜叉の舞」秘話
◇オリンピックは結果を出さないといけない。
  初めて演技に喜怒哀楽を表現として取り入れた。

(6)1944年ローマ世界選手権
◇史上初の芸術点、オール10点満点。
◇ロシアは日本に渋い点をつける。
◇この大会で人に感動を与えるのがすばらしいと初めて知った。

(7)1995年1月現役引退会見
◇現役を引退してからの生活
  同志社大学卒業と同時にメディアの世界へ、
  そこで、言葉で伝える難しさを知る。

(8)当時、日本人初のシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーへ
◇女性がヘルプを出しやすい、物を言いやすい職場は日本にはない。

(9)夫、朝原宣治を支える妻として
◇ほとんど合宿しているので大変ではない。
◇三人の子どもの母として子育てに奮闘中
◇日本は子育てしづらい環境

(10)チャイルド・ケモ・ハウス
◇スポーツ選手であり続けられたのは、社会や地域に助けられたので、
  社会や地域に貢献したい。

(11)美山町での稲作
◇今の子どもは生きる力がない。
◇食育を通じて生きる力を養う。

(12)世界マスターズ2018
◇何かをあきらめて後悔するよりも、
  死ぬ時にあれやらんかったらよかったと思い死にたい。
◇挑戦しなければ叶わない。あきらめずに挑戦すれば叶う。

若干、実際に話した言葉と違うところが、
あるかと思いますが、
ご了承ください。

セミナータイトルの内容とは少し違っていましたが、
 代表争いの話や、引退後の身の振り方など、
 アスリートの大変さがものすごく伝わりました。
 前回ご主人の朝原 宣治さんのセミナーを聞きましたが、
 僕は奥野さんのほうがおもしろかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
五輪メダリストが語るワークライフバランス その3 できる!変わる!輝く!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる