できる!変わる!輝く!

アクセスカウンタ

zoom RSS 隣の芝生は青く見える その2

<<   作成日時 : 2018/04/16 12:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

隣の芝生は青く見える その1 続きです。

人と比較したがるということは、
相手よりも自分の方が上だという優越感を感じたいから、
もしくは、相手よりも自分の方が下だという劣等感を感じたくないからです。

しかし、他人と比べて一喜一憂し、嫌な思いをするのであれば、
他人と比べるのではなく、過去の自分と比べてほしいのです。
過去の自分と比べる習慣を身につけることができれば、
人を妬んだり、羨ましく思うことがなくなります。
自分は日々良いところを伸ばしているのか、
自分は日々足らないところを補っているのか、という考え方が大切です。

過去の自分と比べるためには、
他人よりも自分に興味を持たなければならないですし、
自分のことを1番好きにならなければいけません。
こう言うと、毎日鏡に向かってポーズをとっている、
ナルシストがいいのかと誤解を受けるかもしれませんが、
そうではないのです。

普通に考えてみてください。自分が1番好きではないということは、
他の人が1番であるということです。
そう考えると、1番である他の人がよく見えるのは当たり前です。
だから、その人と比べて妬んだり羨ましく思ってしまうわけです。
それにはまず、自分に興味をもつことです。

物事は大抵、興味があり、その物事に接することによって、
好きになっていくものです。
それでも自分を好きになれないのであれば、
それは自分に嫌いな部分や欠点があるからです。
であればその嫌いな部分や欠点を直せばいいのです。
容姿は簡単に直せませんが(笑)

それでもやっぱり欠点を直すことができないのであれば、
その嫌いな部分を受け入れるしかありません。
まずは、自分に興味を持つこと。
次に自分の嫌いなところがあれば、その部分を直すか、受けいれます。
そして、自分を一番好きになる。
そうすれば、自分に自信が持てるようになり、
他人のことが気にならなくなり、妬みが軽減されることでしょう。

そうすれば、
そのうちに相手を妬むのではなく、
相手から妬まれるようになっているかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
隣の芝生は青く見える その2 できる!変わる!輝く!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる