できる!変わる!輝く!

アクセスカウンタ

zoom RSS マーケット感覚を身につけよう その4

<<   作成日時 : 2017/06/30 12:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

いつも

気持ち玉ありがとうございます。


僕が・・・

読んだ本の中で、
共感した言葉を紹介したいと思います。


前回紹介しきれなかった

マーケット感覚を身につけよう その3 の続きです。


画像



「マーケット感覚を身につけよう」 ちきりん ダイヤモンド社


☆P14
この「マーケット感覚」こそが、本書のメインテーマです。
とはいえ、それが一体どんな能力なのか、
わかりやすく説明するのは容易ではありません。
そこで本書では、さまざまな事例や表現を用い、多角的に、
かつじっくりと説明をしていきます。
今の時点では、商品やサービスが売買されている現場の、
リアルな状況を想像できる能力(もしくはもう少し一般化して)顧客が、
市場で価値を取引する場面を、直感的に思い浮かべられる能力が、
マーケット感覚だと理解しておいてください。





これ以下ネタバレ!
ご注意ください!






P178
【規制や罰則で問題を解決しようとしない】
何かあるたびに「規制を強化すべきだ!」と叫ぶ人を見ると、
私は心底ぞっとします。
そんな人ばかりになってしまったら、
罰則だらけの息苦しい規制社会に向かうだけです。
問題があれば、
まずは人間のインセンティブシステムを利用してなんとかできないか、
考えるべきなのです。
そうすれば嫌々として、問題を解決する人が現れるのですから。
もしあなたの息子が(友達でも部下でもいいですが)、
ギターを抱えて路上で歌ってみたいと言い出したとします。
こういう話を聞いたとき、
「路上で歌うにはどこかの許可がいるのでは?」と最初に思う人は、
「規制脳」という病気にかかっています。
確かに駅構内など許可が必要な場所もあるでしょう。
でも、なんでもかんでも最初から
「無理な可能性がある。規制があるかもしれない」と考えてしまうのは、
欲望と規範に関する考え方のバランスが壊れています。
それではまるで、アクセルを踏む前にブレーキを踏むようなものです。
そうやって「どうせできない」「きっとできない」
「何かきっと、できない理由があるに違いない!」と考え、
やってみる前から欲望を抑える癖がついてしまうと、
自分のことも、そして、世の中の動きもわからなくなってしまいます。
世の中の動きとは、そこに生きている人間の動きの集合体です。
それぞれの人が何を求め、
どんな気持ちがどんな行動につながるのか想像して力を鍛えないと、
社会がどちらの方向に動いているのかもわからないし、
マーケット感覚も身につきません。
同様に、なんでもかんでも「きっとお金のためだ」といったお手軽な理由で納得し、
その時点で思考を止めてしまうのも、非常に危険です。
そんなふうに決めつけていると、人間とはどんな生き物なのか、
わからなくなってしまいます。
自分の欲望と向き合い、インセンティブシステムに関心を持ちましょう。
そして問題に直面したら、
「どうすればみんな自発的に、
望ましい方向に動いてくれるだろう?」と考えましょう。
気持のもち方を少し変えるだけで、
マーケット感覚はどんどん鍛えられていくことでしょう。

P188
【属人的な組織評価からの脱皮】
通常、組織における意思決定は属人的なので、
キーパーソンを押さえることが重要です。
企業では、社長や有力な役員の意向で物事が決まることも多いし、
選ばれる意見も、新人ではなく実績のある社員が発案したものに偏りがちです。
つまり組織における意思決定では、商品や意見そのものではなく、
誰がそれを提起したか、誰が主張したか、誰が賛成したか、によって、
大きなハンディが付けられるのです。
このため組織の評価に慣れた人は、
特定の意思決定者の価値観を意識してプレゼンテーションをしたり、
ときには直接おべっかを使ったりもします。
それらは「人脈力」とか「根回し力」と呼ばれ、
大組織では、
そういったことに長けた人が「仕事ができる」と評価されることもあります。
ですが、そんな力をいくら身につけても、
市場型の評価が行なわれる世界では、まったく役に立ちません。
そもそも市場には、
社長や校長のような「決定的な権限を持つ人」が存在しません。
意思決定に影響を与えるのは、極めて移ろいやすい意見を持った、
不特定多数の人たちです。
この、顔の見えない、多数の市場参加者のニーズを探るのは、
組織内の意思決定1人のニーズを探るより、はるかに大変です。
キーパーソンの好みなら、事情通の人に聞いたり、
本人を注意深く観察したりすればわかるでしょうが、
市場では、1人の人の意見さえ日々変化するからです。


マーケット感覚を身につけよう その5 へ続く・・・ 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マーケット感覚を身につけよう その4 できる!変わる!輝く!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる