できる!変わる!輝く!

アクセスカウンタ

zoom RSS 考え方 その3

<<   作成日時 : 2017/06/19 12:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

いつも

気持ち玉ありがとうございます。


僕が・・・

読んだ本の中で、
共感した言葉を紹介したいと思います。


前回紹介しきれなかった

考え方 その2 の続きです。


画像



「考え方」 稲盛 和夫 大和書房


☆京セラ創業から第二電電(現KDDI)の設立、
  経営破綻からわずか2年で日本航空を再生させた著者が、
  「考え方」をテーマに、9つの章で人間の磨き方を示してくれています。





これ以下ネタバレ!
ご注意ください!






P81
【真面目に、一生懸命に働く】
こうした「真面目に一生懸命働く」ということを、
私たちはいつもできているでしょうか。
自ら一生懸命働くこともせずに、
身に降りかかる災難を人のせいにしたり、
社会のせいにしたりしている人が
まま見受けられるように思えてしようがありません。
自分の境遇を変えることはできません。
自らの外にばかり不幸の要因を求める限り、
心のうちは永遠に満たされることはないはずです。
一方、恵まれない境遇であったとしても、
勤勉に働くことさえできれば、幸せをつかむことができます。〜中略〜
真面目に一生懸命に働くという行為こそが、人間を立派にしていきます。
苦労する経験を避けていった人で、
立派な人間性をつくり上げた人などいないはずです。
若いときから一生懸命に働き、苦労を重ね、自らを鍛え、
磨いていった人こそが、人間性を高め、
素晴らしい人生を生きることができるのです。
今はどのような境遇であれ、人知れず、身を粉にして、
懸命に働き続けることが大切です。
そのように苦労を重ねることが、立派な人間性をつくり、
豊かな人生をつくることになることをぜひ信じていただきたいと思います。

P86
【一歩一歩の努力の繰り返しが必要不可欠】
自分自身を、現在の能力でもって評価するのではなく、能力というのは、
未来に向かって開花していくということを信じることが大切です。
一日一日を無駄に過ごすことなく全力を尽くして生きていく。
そのような向上心を持って、
倦まず弛まず努力を重ねていくことを私たちは忘れてはなりません。
植物の世界には、早く成長して実がなる「早生」と、
遅れて成長するがより大きな実をつける「晩生」があります。
同じように子供にも、最初から利発で聡明なタイプもいれば、
はじめは勉強ができないけれど、だんだん頭角を現していくタイプもいます。
小学校や中学校であまり出来が良くないという子供でも、
決して悲観することはありません。
自分は晩生で、遅れて成長するタイプの人間だと考え、
心を入れ替えて努力しさえすればいいのです。
自分には、限りない可能性があるということを信じて、
誰にも負けない努力をしていけば、
人間は必ず大きく成長することができるのです。

P104
【いかなる障害があろうとも、自分に正直に生きる】
人間というのは、行き詰まると、良心では決してよくないとわかっていても、
「このくらいはいいだろう」と、つい悪いことをしてしまいます。
極端な場合、「結果よければすべてよし」などとうそぶき、
自分を納得させ、悪事に手を染めてしまいます。
常に正しい道を踏み、誠を尽くしていかなければなりません。
相手に迎合したり、
「うまく世渡りできるから」といって妥協するような生き方をしてはならないのです。
どんなに難しい局面に立っても、正道を貫き通す、
つまり人間として正しい考え方を貫く真摯な生き方をするべきであると、
私は考えています。


考え方 その4 へ続く・・・ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
考え方 その3 できる!変わる!輝く!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる