できる!変わる!輝く!

アクセスカウンタ

zoom RSS 一瞬でYESを引き出す心理戦略。 その3

<<   作成日時 : 2017/04/21 12:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

いつも

気持ち玉ありがとうございます。


僕が・・・

読んだ本の中で、
共感した言葉を紹介したいと思います。


前回紹介しきれなかった

一瞬でYESを引き出す心理戦略。 その2 の続きです。


画像



「一瞬でYESを引き出す心理戦略。」 DaiGo ダイヤモンド社


☆TVで活躍中のメンタリスト DaiGo の著書です。
  メンタリズムを駆使して、相手を上手に自分の考え方に導く方法が、
  数多く載っています。騙されたと思って読んでみると、
  もう交渉事で悩まされることがなくなるかもしれません。





これ以下ネタバレ!
ご注意ください!






P172
【人間関係の怒り、ストレスを消し去り、仕事で成果を上げる習慣】
人間関係というのは常に良好だとは限りません。
時には頭に来ることも、ムカっ腹が立つこともあるでしょう。
それはとても当たり前のこと。
感情の生き物である人間同士の付き合いなのですから、
摩擦や衝突がないほうが異常です。
大事なのは、
そうした場合の「怒りの扱い方」や「ムカついたときの対処の仕方」です。
アメリカ合衆国第16代大統領のリンカーンは、当時の米軍内において、
兵士同士が口論やケンカになりそうになってもその場では絶対にやりあわず、
翌日になるまで待てというルールを作りました。
すると集団内でのいざこざが激減したといいます。
つまり、「ムカついたら一回、冷静になって気持ちを整理しろ」ということです。
頭に来たときに、自分の怒りをすぐにバーッとまくしたてて言う人がいますが、
そういう人は大抵、「自分のほうが論理的に正しい」と思い込んでいるもの。
しかし人間、論理よりも感情のほうが圧倒的に足が速いのです。
感情のほうが先に表に出てきてしまう。〜中略〜
でもある程度の時間を経ることで感情のトゲトゲが溶けて消えれば、
コアにある怒りの本質が明確に露出して、相手にも直接伝わるようになる。
そうすれば感情同士のぶつかり合いによるケンカではなく、
原因はどこにあるか、
どうすれば折り合いが付けられるかという論理的な議論になり折衝ができます。

P191
【喜んであなたについてくる、最高の上司力とは】
以前、ある教育誌の取材で先生の資質について、
私はこんなふうにお話ししたことがあります。
普通の先生は「問題の解き方」を教え、
いい先生は、「勉強の仕方・考え方」を教える。
そして最高の先生は「勉強の楽しみ方」を教える、と。
問題の解き方しか教えてくれない「普通の先生」に教わった場合、
例えば数学なら数学だけはできるようになるけれど、
国語や理科や社会はできるようになりません。
勉強の仕方を教えてくれる「いい先生」に教わった場合、
勉強の仕方や考え方を教えてくれるわけですから、
その教えは数学だけでなくほかの科目にも応用でき、
そのため全体的に成績も上がるようになります。
そして楽しみ方を教えてくれる「最高の先生」に教わると、
学校で教える科目だけではなく、
あらゆる学びに対して積極的になり、
自分なりの勉強法を探して実践するでしょう。
楽しむためにいろいろなことを学び、考え、行動するようになるのです。
〜中略〜教師を「上司」や「先輩」に置き換えてみてください。
つまり、最高の上司は仕事の楽しみ方を教えてくれる人ということになります。
そういう上司や先輩の元で仕事をしている人は、
仕事を自分で楽しくしようとします。
楽しむためにいろいろな知識を学び、技術を身につけ、
様々な人間関係を作ります。
そして、“仕事を楽しむためにすること”さえも楽しもうとするでしょう。
部下や後輩に仕事を教えるなら−仕事のノウハウも大事ですが、
何よりも彼らに教えるべきは仕事の楽しみ方です。

P199
【二度とアガらなくなる、緊張撃退トレーニング】
アガリ症の人もすぐ緊張してしまう人も、大丈夫、筋トレと同じで、
人間の心も鍛えることによって強くなります。
ここで、私がアガリ症という壁を乗り越えるためにやってきた
“心のトレーニング”を紹介しましょう。
ある意味でスパルタかもしれませんが、効果は大きいと思います。
方法は実にシンプル。
「1日1回、今までの自分では絶対やらないことをやってみる」というものです。
もちろん法律や道徳、
公共のマナーに反することをしてはいけないのは言うまでもありません。
そうではない日常生活の些細なことでいいから、人とは違うことをしてみるのです。
〜中略〜つまり、自分の心に大きめの緊張という負荷をかけて
鍛えようということです。〜中略〜
注意すべきは、意識してやるということ。
自然に恥ずかしいことになるのではダメ。
それは本当にただ恥ずかしいだけです。
意識してやって乗り越えることに価値があるとしっかり認識することが大事です。


一瞬でYESを引き出す心理戦略。 その4 へ続く・・・ 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一瞬でYESを引き出す心理戦略。 その3 できる!変わる!輝く!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる